キャッシュレスには電子マネーをおすすめ!その理由と実体験を紹介!

にこにこ現金払いは正義!」と思っていた私が、まさかこんなにキャッシュレスな生活を送ることになるなんて、あの日までは夢にも思っていませんでした。

そう、2019年10月1日からの消費税増税です。

これから子どもが大きくなったときのことを考えると、主人一人の収入だけだとまずい、と、ポイントを貯めて活用する生活は始めていたのですが、まだ現金払いが主でした。

世の中は確実にキャッシュレスの流れになっているのに、お金が見えないところで動くことが怖くて、どうしても踏み出せなかったのです。お得だよ!と言われていても。

しかし、増税に伴い、「キャッシュレス・消費者還元事業(補助金制度)」が打ち出されました。これは流れに乗るしかない!と、キャッシュレス生活を始めたわけです。

いざ、その流れに乗ると…お得感満載でした。なぜもっと早くキャッシュレスにしなかったのか、今はそれをとても後悔しています。

もしまだあなたが現金で支払っているならば、少しずつでも良いのでキャッシュレスで支払いをしていくことをすすめします

というわけで、キャッシュレス生活はまだ初心者の私ですが、私が日常で支払っている方法も含め、おすすめの電子マネーを紹介したいと思います。

電子マネーとクレジットカードの違い


まず、キャッシュレスと聞くとこの2つが主に浮かぶと思いますので、2つを比べてみましょう。

電子マネー クレジットカード
審査不要 審査必要
種類によって使う店が限られる
特定の店やチェーン店でしか使えない
大体の店で使うことができる
水道代などの公共料金なども支払える
専用のカードやスマホのアプリに使う金額分をチャージして使う(前払い) 即時払い、あとで請求がくる(後払い)
ポイント還元率は100円=1ポイント
もしくは200円=1ポイント
1ポイント=1円で現金と同じように買い物に使える カード会社によって還元率が違う
ポイントは支払いに利用できるものもあるが、カード会社の指定する商品に交換したりする
nanaco, 楽天Edy, LINEPay, d払い, Suicaなど Visa, Mastercard, JCBなど

電子マネーは手軽

電子マネーの良いところは、審査不要というところです。クレジットカードを作るには年収などの個人情報を伝え、審査に通らなければ作ることができません。

しかし、電子マネーは基本的にはそのような審査がなく持つことができ、手軽です。

また、クレジットカードのように後で請求が来て「こんなに使ったの!?」と驚くことがありません。その場で使う金額分をチャージして使う(前払い)ため、「使いすぎる」ということがなく、安心なところも良いと思います。

即時払い、後払いの方法もありますが、そのときはクレジットカードと連携します。これはまた後で触れたいと思います。

電子マネーは支払い方法が多い

電子マネーの支払い方法は、基本的に使う分をチャージして支払う前払いが主ですが、即時払いや後払いも今はあり、全部で3種類あります。

前払いに対応しているもの

LINE Pay(ラインペイ)・PayPay(ペイペイ)・d払い・モバイルSuicaなど

私はPayPayを主に使っていますが、前もってお金をチャージして支払い時にその残高で支払うようにしています。Suicaなどの交通系電子マネーを使っている方はイメージしやすいと思います。

即時払いで有名なもの

ORIGAMI Pay(オリガミペイ)

即時払いならば自分の口座にある残高を超えて使うことはできないので、使いすぎるという心配はありません。不安な方はORIGAMI Payを試してみるのもいいかもしれませんね。

後払いにするために

CMで有名なPayPayですが、クレジットカードを登録することもできます。そうすると、支払いのときに「クレジットカード払い」を選べば、後払いにすることができるようになっています。

また、d払いを例に挙げると、ドコモユーザーであれば毎月の電話料金と合算して支払うことができます

とはいえ、高額な商品を買ったときにはその現金をチャージすることは難しいですよね。日常の買い物には電子マネーを使い、高額な買い物をするときはクレジットカードを使うと言ったように、使い分けすることも必要です。

貯めたポイントは現金の代わりに使える

電子マネーで支払うと、そのうちの何%かはポイントで返ってきます。そのポイントは1ポイント=1円としてお金の代わりに使うことができます

私はTポイントを必死で貯めて、月に1回あるドラッグストアでポイントを使い、お得に買い物をしています。

クレジットカードでもポイントは貯まりますが、クレジットカード会社によってはそのポイントをお金と同じように使えないところもあります。その代わり、指定された品物の中から選ぶという特典なのですが、正直なところ、自分が今欲しいという商品に出会えたことはあまりありません。

生活がかかっている私としては、電子マネーのポイントの方が普段の生活ですぐに使えるので助かっています。

電子マネーの上手な使い方


まとめているように、電子マネーは本当にたくさん種類があります。ですので、電子マネーを使うときは、自分の生活に合うような電子マネーを選んで使い分ける必要があります。

普段電車やバスを使っていないのに、交通系電子マネーのSuicaやPASMOと言ったような電子マネーカードを作ってしまっては、まったく意味がありませんよね。

私も電子マネーは初心者に近いので完璧に使いこなしているわけではありませんが、使い始めて得をしていることが多いので、我が家の電子マネーの使い方を例にあげてみたいと思います。

電子マネー 日常の買い物 高額の買い物 貯まるポイント 使う目的
PayPay チャージ ヤフーカード Tポイント とあるドラッグストアで買い物
主人 Quickpay セゾンカード セゾンカード セゾン永久不滅ポイント 指定された商品狙い

まず、電子マネーカードを作ってしまうと、カードをたくさん持ち歩くことになります。それが嫌なのでスマホアプリなどでできるだけ支払えるようにと考えました。

私の場合

私は月1回Tポイントの価値が1.5倍になるドラッグストアを利用しています。例えば1000ポイントで1500円分、3000ポイントだと4500円分の買い物ができるわけです。実践してみると、これは本当に家計に優しいです。

これはTポイントを貯めるしかない、と決めたわけです。

PayPayはYahoo系列の電子マネーです。Yahooショッピングで指定の店でネットショッピングをし、PayPay残高で支払うと、Tポイントが商品価格の10%分返ってきたりします。(キャンペーン中であったり、条件をクリアしている必要はありますが)

1歳の娘のオムツを約5000円でまとめて購入したとき、約500ポイントのTポイントボーナスが付いたときには驚きました。

もちろんのことPayPay残高にも何%分か戻ってくることがあります。ですので、知らないうちに「残高が増えてる!?」ということもよくあります。

Tポイントが貯まる店でなくても、PayPayで支払いができる店が増えてきました。なので、無理に電子マネーを増やさずにPayPay一本で通しても、キャッシュレスということで2%や5%還元をしてもらうことができます。

時期は決まっていますがPayPayはいろんなキャンペーンをしているので、私がおすすめの電子マネーです。

主人の場合

主人はビールが大好きです。Quickpay支払いでセゾンカードを登録し、セゾン永久不滅ポイントを貯めて指定の商品の中からビール1ケースをもらうという目的があります。

もともと主人も支払い方法には無頓着で、にこにこ現金払いばかりしていました。最近はお酒の値段も高くなる一方で、さらに消費税は10%かかります。

普段の買い物でポイントを貯めて、ビール1ケースでももらえたら家計は本当に楽になりますよね。

キャッシュレス決済の種類

以上のようにキャッシュレスということで電子マネーとクレジットカードを紹介しましたが、キャッシュレス決済にはほかにも種類があります。簡単にではありますが、まとめてみました。

電子マネー・プリペイドカード スーパーやコンビニ、改札機にタッチすることでお金を払える。カードタイプとスマホタイプがある
クレジットカード その場で現金は払わないが後で請求がくる=後払い
デビットカード 支払う金額が銀行の口座からすぐに引き落とされる
スマホ払い スマホにクレジットカードや電子マネー、銀行口座を登録して店でお金を払うときに使う。QRコードやバーコードが必要

キャッシュレス決済で一番身近なものと言えば、やはりクレジットカード払い、という人も多いはず。1枚持っておけばだいたいどの店でも使えます

電子マネーはそれぞれの店がそれぞれのものを作っているため、かなり種類が多くなり、ややこしいという人もいるはずです。

実際私もそう思っていて、面倒だからもういいやと現金で支払っていた人間です。しかし、電子マネーは使い始めるとかなり便利で手軽だということはさきほど言った通りです。

デビットカードに関しては、普段使っているメイン銀行のものを作って持っていました。確かに、今ある口座の残高分だけしか使えない上に即時払いなので、安心です。

ただ、カードを持ち歩かなければいけないので、スマホ決済がすすんだ今は使わなくなり、解約してしまいました。

そして今私の生活の中心となっているスマホ決済。もうスマホを肌身離さず持っておかなければ買い物もできなくなるくらい、依存してしまっています(苦笑)

キャッシュレス・消費者還元事業(補助金制度)とは

最後に、もう一度おさらいしておきたいのがこの制度です。

これは、2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間、対象の店舗において、登録されたキャッシュレス決済で支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられる事業のことです。

消費税が8%から10%へ上がったことに合わせて、キャッシュレス決済を利用した消費者に対してポイント還元などで負担を軽減するのが目的です。

簡単に言うと、9か月間はキャッシュレスでお買い物すると、ポイントで何%か戻ってくるから、負担が軽くなるよ。だから消費税上がったけどお買い物はたくさんして経済を回してね!

と言う感じです。このマークが目印です。

今ではいろんなところで目にしますね。

フランチャイズチェーン店やガソリンスタンドでの買い物:2%還元
中小規模の店舗での買い物:5%還元

が基本ですが、店舗によって還元率は違います。

ポイント還元は9か月間の間であれば、何度でも受けられます。ですので、現金で支払うよりも、この9か月間はキャッシュレスで支払うほうが得というわけです。

まとめ

  • クレジットカード払いも良いが審査が必要なので、審査が不要な電子マネーがおすすめ
  • 電子マネーは種類が非常に多いので、自分の生活にあった電子マネー何個かにしぼると良い
  • キャッシュレス決済の種類はいくつかあるが、特に電子マネー決済が手軽で便利
  • 10月1日からの9か月間は現金支払いよりキャッシュレス決済のほうがお得
  • キャッシュレス・消費者還元事業(補助金制度)は消費税増税の分の負担を確かに減らしてくれる

キャッシュレスの生活に慣れてしまうと、「現金が手元にない!」ということがよくあります。現金払いでしか対応していないお店もまだまだたくさんあるので、そこは注意しましょう。

ポイント還元の恩恵を受け始めると、もう元には戻れなくなります。日常で必要なものを買ってるだけなのに、あとでまた戻ってきたポイントで別の買い物ができるの本当にお得です!

現金払いにこだわっていた自分が嘘のようです。こんな私でもキャッシュレスな生活ができています。

まだキャッシュレス払いにされていない方は、身近な買い物だけでもキャッシュレスに変えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です