キャッシュレス化が銀行に与える影響は?ATMや窓口はどうなるの?

近頃よく耳にするキャッシュレス
生活していると、「日本でも普及してきているんだな」と、肌で感じることが多くなってきました。

2019年の消費税増税で還元キャンペーンを打ち出す企業も増えたため、これを機にキャッシュレス決済を使い始めた、という方も多いのではないでしょうか?

私もそのうちの一人です。

お金のやり取りが目で見えないキャッシュレス決済はあまり信用できないし、今までは断然現金派でした。

でも、使い始めるととても簡単。しかも還元があってお得。小額のものから高額の買い物まで何でも使えて、すっかりキャッシュレス決済ユーザーになりました。

そんな中、キャッシュレス生活を過ごすうちに気づいたことがあります。

「そういえば、最近銀行に行っていない。」

今までは、財布の中身が少なくなると現金を引き出していました。銀行やATMが周辺に無くて、焦って探し回った記憶が多々あります(笑)

ですが、キャッシュレス決済は「チャージ」もスマホであっという間。
財布の残高が少なくても、「スマホで払えるし大丈夫か。」と思うようになりました。

このように、銀行に行く機会がめっきり減った、という方はきっと私だけではないはず。

キャッシュレス化が進むと、私のように銀行に行く人は少なくなるだろうし、銀行にはどんな影響があるんだろう? どんどん減っていったりするのかな?

そんな疑問が沸いてきたので、キャッシュレスが銀行に与える影響を調べてみました。

キャッシュレス化が進むと銀行はどうなる?

現在、キャッシュレス決済には次のようなものがあります。

  • 事前にチャージしておくプリペイド(前払い)

主にSuicaやICOCAなどの電子マネー

  • 利用分が翌月に引き落とされるポストペイ(後払い)

クレジットカードが主流

  • リアルタイムペイ(即時払い)

デビッドカードなど、リアルタイムで口座から支払いができる

日本のキャッシュレス決済普及率は現在18%程ですが、今後更に普及すると見込まれています。

キャッシュレス化が進むと、チャージもスマホ1台でできるし、現金を引き出すために銀行やATMを利用することもなくなりますよね。

ここでは、キャッシュレス化による銀行への影響と、銀行の役割の変化をご紹介します。

コストの削減ができる

キャッシュレスが普及すると、銀行やATMでの現金を扱う業務において、コストの削減ができる点が大きいといわれています。

現金の維持管理コストは年間約5兆円

  • ATMの維持管理コスト
  • 印刷代や硬貨メンテナンス
  • 運搬費

ATMの管理や、紙幣の印刷、古くなった硬貨のメンテナンスや運搬など、ATMや窓口での現金の取り扱いには、膨大なコストがかかっています。

維持管理コストが大幅に削減できる

キャッシュレス化が進むと現金のやり取りが減るため、紙幣や硬貨を動かしたり、維持やメンテナンスにかかる費用が大幅に減ります。

また、送金や振り込みもスマホで簡単にできる為、銀行の現金取扱窓口の作業も軽減されるといわれています。

マーケティングができる

キャッシュレス決済をすると、「いつ・どこで・何を・何円」購入したかが、記録に残ります。

クレジットカードや電子マネー決済をしたことがある方はピンとくるかと思いますが、利用履歴がデータとして記録されます。交通系ICカードは乗車した場所や時間・運賃まで細かく表示されますよね。

銀行では、取り引きが記録に残ることで得られるメリットがあります。

これまでは、クレジットカードや口座・資産を保持できる一部の層からしかデータを得られませんでしたが、キャッシュレスの利用や導入がとても手軽になった今、「様々な年代」「大企業~小さい店舗」まで平等にマーケティングできます。

データの収集でさえもコストがかからず、より幅広く詳細に対策を練ることができます。

手数料の収入が減る可能性あり

窓口やATMでの手数料も、銀行の収入源となっています。

その為、キャッシュレス化でATM維持管理コストなどが削減される反面、利用者が減ると手数料の収入も減ってしまいます。

口座維持手数料が発生する?!

キャッシュレス化でATM手数料の収入が減ったり、低金利政策の長期化で銀行の経営はますます苦しくなるといわれています。

そこで、新たな収入源として現在検討されているのが、「口座維持手数料」

預金口座を持っているだけで、預金者に手数料が発生するというものです。

キャッシュレス化が進んでも、引き続き預金口座を利用する場合がほとんどだといわれているため、大きな収入源になると予想されます。

しかし預金者からの反発もあり、今後も協議が必要とされています。

キャッシュレス化が進んでも銀行はなくならない?

現金を扱う機会が減ると、銀行に行く機会も同様に減りますよね。それでも銀行はなくならないのでしょうか?

キャッシュレスでも預金は必須

キャッシュレスと呼ばれるものは、主にクレジットカード・電子マネー・スマホ決済などです。

レジでのお会計はカードやスマホで完了しますが、チャージや使った分の引き落としは口座から行います。

〇〇ペイと呼ばれるものも、スマホにチャージをして支払いますが、チャージをする口座をあらかじめ紐付けておく必要があります。

預金は増える可能性がある

キャッシュレスの普及が進むと、市場では現金の流通は減っていくと考えられます。

ですが、最終的には預金からの決済となる為、預金は増える可能性があるといわれています。

給与の支払先は大半が銀行口座

現在の法律では、働いた分の給与は現金手渡し、または口座に振り込まれることとなっています。

今後ネット銀行への振込や、電子マネーでの給与支払いも増えていくとされていますが、今のところは、銀行口座に振り込まれるケースが多いのではないでしょうか?

少し前ですが、実際に私も「給与を振込むので口座を教えてください。」「ここの口座を作ってください。」と勤め先で言われたことがありましたし、従業員の方にお願いしたこともありました。

銀行口座は、日本で生活する上でまだまだ切っては切り離せないものだと実感します。

「キャッシュレスと銀行」今後はどうなる?

日本では、キャッシュレス決済率は20%弱。アジアの国と比べても、中国は約65%、韓国は90%以上なので、非常に低いことがわかります。

今後の動きとして、経済産業省では、2025年までにキャッシュレス比率を40%に引き上げる目標を掲げています。

オリンピックや万博など、外国人観光客が日本を訪れる機会はどんどん増えると予想されており、万国共通で使えるキャッシュレス決済は更に注目されています。

銀行は今後、キャッシュレスとどのように関わっていくのでしょうか?

銀行が運営するスマホ決済を開発

キャッシュレスは各企業が行っていますが、今後は銀行と提携するスマホ決済のリリースが予定されています。

Bank Pay(バンクペイ)

バンクペイとは、スマホからアプリを起動し、支払いをします。

「それなら普通のコード決済と変わらないのでは?」と思うかもしれませんが、バンクペイは直接銀行口座から、即時で支払われます。

デビットカードとの違い

銀行で作成できるデビットカードも即時決済ができますが、各金融機関のカードを作る必要があります。

その点バンクペイは、スマホにアプリを登録しておくと、1000以上の銀行から支払う口座を選べ、支払うことができます。

つまり、アプリをひとつ登録しておけば、複数枚デビットカードを作る必要がなく、使いたい口座から直接支払いができるのです。

銀行でしか行えない業務の強化

「大企業や一定の所得がある人」「常時口座を利用する人」「資産運用」など、銀行での業務や預金が必要なケースがまだまだ多いのも現状です。そして、これらの業務はすぐには無くならないともいわれています。

その為、一つの銀行で預金残高を増やし、優良顧客となる人・企業の増加も見込まれます。

その場合も、銀行の預金口座は必要となってくるのです。

マーケティングから時代に合った対策を

「キャッシュレスが進んでも預金は必須」といえど、新規顧客の獲得はやはり難しいと言われています。

キャッシュレス化で得た幅広いデータをもとに、時代やニーズにあった形へと銀行業務も変化していく必要があり、今後どういった変化を遂げるのかが注目されています。

まとめ

  • キャッシュレス化でATM維持や窓口コストの削減が期待できる
  • ATMや窓口の利用が減ると手数料からの収入も減る
  • キャッシュレス化が進んでも、最終決済は銀行口座から
  • 現金を使う頻度は減っても預金は増える可能性大
  • 銀行が運営するスマホ決済「Bank Pay」がリリース予定
  • 大企業から小売店までの幅広いマーケティングで今後の銀行の活躍の場が変化

キャッシュレス決済が普及すると銀行に行く機会が減るし、銀行にとってはデメリットばかりでは?と感じていました。

しかし、キャッシュレス決済の利用にも銀行口座が必要であったり、キャッシュレスの動きに合わせたシステムの開発をしたりと、それぞれ結びつきがあることに驚きました。

今後更に加速するキャッシュレス化の中で銀行がどのように変化していくか、注目してみていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です